初めての釣り。まずはロッドを買いましょう。

初めての釣り。まずはロッドを買いましょう。

2022年3月8日 0 投稿者: ちょい投げ師匠

釣りをやってみようと思っても、まずはロッドやリールの知識からということになりますね。

釣具屋の店員さんに「初心者ですがどの竿とリールが良いのですか?」と質問すると、ほとんどのスタッフさんは、ちょい投げロッド&リールセットと称する安物のタックルを勧めてきます。

割と長持ちするものからすぐに壊れてしまう物まで様々です。

これは、初心者にタックルを勧めるのはとても難しいのです。もちろん初心者なので、どんな釣り場で対象魚何なのか、餌なのかルアーなのかを質問しても分かりません。当然です。

なので、虫エサと天秤オモリのセットで釣る、一般的なちょい投げ竿と称する短めの磯竿と投げのあいのこ的なロッドとナイロンライン付きの激安リールを選択せざるを得ません。

なぜなら、ロッドが折れたり、リールが壊れても諦めが付く価格帯のタックルだからです。そう!店員さんの保険なのです(笑)

他にも数回程度釣りに行ってやめちゃう方も大勢います。良心的な店員さんはアジのサビキ釣りセットを勧める方もいますね。割と釣れやすい釣り方なので楽しめたら釣りを続けてくれるかも知れませんから。

ここからが本題です!

どんなタックルを選べば良いのでしょう。

ズバリ言います!それはルアーロッドです。

ルアー用のロッドですが、テトラの隙間に餌を落として根魚を釣る「穴釣り」や堤防や漁港の際を落としていく「ヘチ釣り」、5~10メートルほど投げて探る「探り釣り」、少し遠くに投げてゆっくり引いてくる「キス・カレイ釣り」と幅広く使えるロッドなんです。

もちろんルアーロッドなのでルアー釣りもできますね。また、非常に投げやすいのも特徴です。

最初はリールがぶら下がるスピニングリールが良いでしょう。ではどんな種類のルアーロッドが良いのでしょうか?

  • あまり長くない
  • 柔らかすぎない

ロッドの値段は関係なくこの条件を満たすロッドは少ないんです。ダイワ・シマノなど日本のバスロッドは短くなると極端に柔らかいロッドとなりますので注意が必要です。

今回ご紹介するのはピシファンという中国メーカーのスピニングロッドとなります。私も使用していますが良くできたロッドで何でもこなすバーサタイル(汎用性が高い)ロッドです。

ピシファン トレント

まずは、ここから始めていき少しづつロッドのレベルを上げていくのも楽しさの一つです。

小学生~中学生なら6フィートのロッドが良いと思います。

女性なら7フィートのロッドが良いと思います。そこそこ遠くに飛ばせますしね。

男性なら7.6フィートが良いと思います。

赤いのは嫌だ~!って方は、

他には4月頃から新発売される、シマノのソルティアドバンス ロックフィッシュのS76MLも良いかも知れません。

シマノ ソルティーアドバンス ロックフィッシュ S76ML